ギャラリー, 現地ツアー

ブルゴーニュ:フランスリバークルーズ


ツアー名
ブルゴーニュ フランスリバークルーズ 6泊7日
エリア
ブルゴーニュ
オススメ度
★★★★★
特徴
毎週土曜発金曜着でブルゴーニュを周るリバークルーズ。現地クルーズ会社のスタッフが集合場所駅まで参り ます。専用のコーチバスで皆様のご到着を待つ優雅なホテル・バージまでご案内致します。
皆様のご到着を笑顔一杯でお迎えするの は、フレンドリーなクルーたちです。一息付 かれたら快適なキャビンへとご案内致しま。 船は全室シャワーとトイレがキャビン内にあります。船内最初の夜は、これから 始まるフランスの美しい船旅を共にされる他のお客様との親交を深めながらおくつろぎ下さい。
船が出航すると運河の見所の一つである 水門に差し掛かります。水門で水嵩の調整 中、ご希望のお客様は下船され次の水門 まで船に並んでのお散歩も可能です。水門 の開閉をする門番の手伝い、または付近の農家の美しい庭を眺めるなど楽しみは尽き ない事でしょう。もっと冒険を含んだ体験をご希望であれば、船に混載しているサイクリング車をご利用になるのはいかがでしょう。またサンデッキのテラスから流れるように続くフランスの田舎景色を眺めるのもまた船旅の醍醐味のひとつです。
クルーズ日程には毎日の観光が含まれています。目的の観光地までは専用のコーチバスでご案内致します。それぞれの観光地はクルーズされる地方の特色豊かな場所です。そこはロマンチックなシャトーであり、この国の激動と様々な民族の征服を物語る歴史の町の数々、そしてフランスと言えばワイン、もちろんワイナリーでの見学試飲も含まれています。また見学するシャトーの幾つかは現在も歴代貴族の所有となっており、シャトーのオーナー自らがガイドとしてご案内するものもあります。
またクルーズ日程に7月14日のパリ祭のようなフランスの祭日、或いは村の農業祭などを挟んでいる週は、キャプテンが皆様も地元住民と一緒にお楽しみ頂けるように工夫致します。
現在、ブルゴーニュをメインに2ルートございます。どの船も皆様にはフランスの田舎の魅力である手付かづの自然、笑顔溢れる地元住民などこの国の真髄に触れて頂ける事でしょう。そして次回は別の船と運河クルーズの楽しさを船で発見されてはいかがでしょう。
TGV、その前後の宿泊ホテルは弊社で手配いたします。英語がNGという方にはアテンド同乗も別料金でアレンジできます。1年以上前から予約が可能です。
クルーズ時期:毎年4月から10月まで。
アクセス方法
ディジョン駅から送迎あり
日程
日程
場所
交通手段
時間
内容
食事
宿泊
1日目金曜
パリ
  空港・駅からの送迎手配とホテル手配を別途いたします。     パリ市内ホテルル(別途手配)

*ご希望にあわせます。
2日目
土曜
パリ
ディジョン
TGV
コーチ

16:15
パリからディジョンへ。TGV別途手配。
ディジョン駅集合。船まで送迎いたします。(週により逆コースになりますので、停泊場所も毎週変ります)船到着後は、乾杯の音頭のあと自己紹介を始めます。(その間お部屋に荷物をお運びします)ウージュの停泊場所までゆっくりクルーズしていきます。
ディナーの前に次の停泊場所まで小道をウォーキングまたはサイクリングで移動する時間を取ります。初めての夕食はごゆっくり船の上で味わってお楽しみください。
朝昼夕


×
カプリス号他
3日目

日曜
ディジョン
  ご朝食の後、コーチでブルゴーニュの首都ディジョンツアーへご案内。その間、船は移動して次のポイントでお待ちしています。ランチは、船へ戻ってお取りいただきます。運河を船は航行します。近くの村を散歩やサイクリングできる機会がたくさんあります。夕方、サン・ジャン・ド・ローヌに停泊します。ここはソーヌ川との合流地点です。ディナーの前後は、ゆっくり村を散策する時間があります。
朝昼夕



カプリス号他
4日目
月曜
ヴォージュ村
シャロン・シュル・ソーヌ

  Clos
de Vougeotへ午前中にガイドがご案内いたします。ワインは12世紀はじめ頃製造が灰始まりシトー派の修道院によって創設、「利き酒騎士団」の本部が置かれている。ワインを船に戻る前にテイスティング。午後はシャロン・シュル・ソーヌへとクルーズ。2番目に大きな都市でガリア時代に重要な貿易の役割を果たした町。名所のサン・ヴァンサン教会がある町の中心部までへも徒歩で行けます。
朝昼夕


カプリス号他
5日目

火曜
シャロン・シュル・ソーヌ
シャニー


  ソーヌから50フィート立ち上がる水門を通り、運河の中心へ入ります。アトラクティヴに曲がりくねって張り巡らせられた運河に沿ってクルーズします。かなり頻繁にある水門は散歩やサイクリングの機会をたくさん与えてくれます。午後は、近くの村にある12世紀の城、リュリー城へ向かいます。船に戻る時は、シャニーに移動・停泊しています。
朝昼夕



カプリス号他
6日目
水曜
ボーヌ

  次の日はブルゴーニュワインの本拠地、世界的なワインオークションで知られるボーヌへとご案内。ここでは1443年の建設時よりフランドル様式屋根の美しさが多くの人を魅了するオテル・デユーの見学。午後は蛇行しながらクルーズし、あの有名なサントネ村のど真ん中に停泊します。
朝昼夕


カプリス号他
7日目

木曜
クーシュ

シャトー・マルグリット・ド・ブルゴーニュ

サン・レジェール・シュル・ドゥーヌ
  Dennevy村に向けて航行します。シャトー・マルグリット・ド・ブルゴーニュを訪れるためにクーシュという村に向かいます。美しく保存されている中世の広々とした砦をもつ古城。ここでオーナーの子息Emmanuel
Cayotによって作られたワインを試飲していただきます。この日はサイクリングでゆっくり時間をお過ごしください。そして、お別れのガラディナーに向けて、まるで絵のようなサン・レジェール・シュル・ドゥーヌ村へクルーズします。夜は、ガラディナーをお楽しみください。
朝昼夕



カプリス号他
8日目
金曜

ディジョン

パリ
コーチ
午前

朝食後、解散場所ディジョン駅までお送りします。到着は11時から正午くらいを予定しています。
TGV(別途手配)にてパリへ。到着後ホテルへ。
朝昼夕

×
×
パリ市内ホテル(別途手配)

*ご希望にあわせます。
9日目 
土曜
パリ
午前
朝食後、チェックアウト。

*次のフランスおよび他国への移動先手配も承ります。
 
料金
2名1室利用 お一人様ツアー代金:お問合せください。
1名1室利用 お一人様ツアー代金:お問合せください。

*すべての料金は為替変動などにより予告無く変更することがございます。ご了承ください。

☆料金に含まれるもの:ディジョン駅から船までの移動費乗船日の夕食から下船日の朝食まで食事がすべて含まれています。ワインはランチとディナーに含まれており、毎日英語ガイド付きエクスカーションをお楽しみいただき、エントランスフィーも含まれております。
(バーのドリンク、クルーへのチップ一人110ユーロは現地払いになります)
☆料金に含まれないもの: 日本~フランス間往復国際航空運賃および国際運賃に関連する国際TAX、パリホテルへの送迎費用とホテル代など上記にないサービス、個人的な食事代やチップ、交通費、お土産代など。

備考
*すべて英語でのご案内になります。英語にご不安な方には、パリからのアテンドサービス(アテンド分の交通費、食事代、アテンド代お客様負担)を別途手配いたします。

注: 
※本日程は6泊7日を基準とした一例で、また、祝日及び祭日、技術的な問題等の理由により事前通告なしに変更する可能性もあります。また隔週ごとに運航ルートが反対になるため、日程表もそれに伴います。
※弊社手配(別料金)の集合、解散場所までのバス、TGVをご利用にならず直接船までお越しになる場合は、その旨、出航の数日前までにご連絡下さい
※お部屋は、ツイン、ダブルのほか、1名の場合シングルユースのほかシングル部屋が一部屋だけございます。
※船は催行最少人数がございます。また、チャーター日程もあるためお早めにお問合せください。6~9月は非常に混雑しますので、半年以上前にお申し込みされることをお勧めします。
※パリからの往復TGV、パリホテル、パリ空港~ホテル間の送迎は別途料金になりお見積させていただきます。

お問合せはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ツアー名

お問合せ種別

お見積り希望お手配を希望

人数

出発日

ご希望・お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ツアー名

お問合せ種別

お見積り希望お手配を希望

人数

出発日

ご希望・お問合せ

Tags:, , ,
Posted on 2012-07-03 | Posted in ギャラリー, 現地ツアー | Comments Closed

Related Posts